90日で圧倒的なスケーターになるスケボー講座〜スケボーが上手くなる方法〜

90日で圧倒的なスケーターになる講座。プロスケーター浦友和のスケボー解説動画。

90日で圧倒的なスケーターになるスケボー講座

 

 

90日で圧倒的なスケーターになるスケボー講座制作者浦友和さんはどんな人?

 

プロスケーター浦友和は、 日本チャンピオン3回獲得し、世界で躍進する日本のトッププロスケーター

 

9歳の時からスケートを開始し、12歳でプロに。

 

その後は、とてつもないセンスで名前を広めて行った。

 

しかしながら、17歳になって、左足首の接骨、靭帯損傷(じんたいそんしょう)によって 「今後スケートボードは出来ない」とドクターに伝えられる。

 

けれどもその後、街で偶然出会ったスケート仲間と出会い滑ってみたら、 痛みが見られないのがきっかけで病院へと足を運ぶと、驚くことにドクターからOKサイン。

 

もう一度、スケートボード界に舞い戻る。

 

その後、快挙とも言える見事一発優勝を果たし、復活から1年で急にプロランキング2位。

 

加えてその次の年には日本チャンピオンを獲得し、未だ破られていないAJSA史上最高得点を叩き出す。

 

色々な大会で見事な動きで優勝を奪い取り、更にありえないスコアを出し、3回目の日本チャンピオンを獲得。

 

正しく、止どまる事を知らない彼の才能は今もパワーアップし続け いつも日本のスケートボード界の渦中にある存在であって、日本のストリートが生んだ元祖天才スケーターです。

 

 

90日で圧倒的なスケーターになるスケボー講座はどういうものなの?

 

実を言いますと、スケボーはちゃんとしたトレーニング方法を行なう事によって、どなたでも割かしあっさりと上手くなり、カッコ良いトリックを決める快感を堪能する事が可能なスポーツなのですよ

 

反対に言ったら、誤ったトレーニング方法だと、間違いなく超える事が不可能な壁に直面するのです。

 

壁に直面すると、殆どの方はやる気をなくし、スケボーを止めて行ってしまうのです。

 

どれだけトレーニングしてもトレーニングしても上手くならない・・・、止めたくなるのも致し方ないですね。

 

スケートボードという名のスポーツを、本気で愛している私としましては、一人でもたくさんの方にスケボーの面白さや奥深さを理解して頂きたい、そのように考えているのです。

 

『難解なトリックを決めた際の感動と喜び』 『共にトレーニングして高め合う事が可能な仲間』

 

既にスケボーを行っている方も、今から開始しようかと考えている方も、全員に教えたいのです。

 

真剣にスケボーが上達したいと考えている方は、即刻"誤ったトレーニング"をお止め頂きたいと思います。

 

適切なトレーニング方法を知らないで、何時間トレーニングした所で、絶対にスケボーは上手くならないのです。

 

かえって、おかしな癖がついてしまったり、転倒して傷を負ってしまうのです。

 

それでは、どうしたら"適切なトレーニング"を行なう事が可能なのでしょうか?

 

大半のスケーターは、自分の周囲に居る複数の経験者に秘訣をアドバイスしてもらったり、ウェブ上で映像を見つけて観て手本にしたり、本屋で「スケボー入門」の様な書籍を購入して見たりしていると思います。

 

また「こういう感じで行なったら上手くなるかな・・・?」と言った、とってもリスキーな考えのまま、何回もトリックのトレーニングを行なってしまっています。

 

先程も申し上げましたが、駄目です、そういったトレーニング方法では… 誤ったまま何度も何度もトレーニングを行なうのは、 "上手くならない滑り方"を体に染み込ませているのと一緒なのです。

 

トレーニングすればトレーニングをするだけ、上達からかけ離れて行ってしまいます。

 

そんなトレーニング、無意味ですよね?

 

適切なトレーニング理論を分かった上で、ちゃんとしたお手本のイメージを頭にきちんと焼き付け、そのイメージを思い返しながら、トレーニングを行なわないと駄目なのです。

 

こちらのやり方を直に指導の元お教えしたい所ですけれども、私が日本全国を訪ねて、一人一人教える、と言うのは、どう頑張っても無理が御座います・・

 

従いまして、直に指導するにはとてもじゃありませんが無理があります。

 

そこで、何が何でもスケートボードが上手くなりたいと言う貴方様の為に、こちらのWURA流 SK8 HOW TOに全部詰め込みました。

 

こちらの講座を確認したら、スケートボードの適切なトレーニング方法を習得し、マスターする事が可能な決定版とも呼べる内容となっています。

 

 

90日で圧倒的なスケーターになるスケボー講座の内容を少しだけご紹介します!

 

上級トリックにつながるチクタクのキモとは?

 

イージーなトリックとされているチクタク。

 

実を言いますと、上級トリックをミスってしまう要因のほとんどは、チクタクがきちんと行なえていないから。その"キーポイント"とは…。

トリックメイク率を左右する目線の極意とは?

 

特に、ハードルの高いトリックメイク率が低くなる要因は、目線にありました。

 

メイク率を飛躍的に上げる"目線の秘訣"を伝授。

最初の壁オーリーを簡単にマスターする方法

 

スケボー素人に待ち構えている、一番初めの難関オーリーを習得するには、ボードに乗る前に●●●●●を熟知しておく事が欠かせません。

ノーズ系トリックを安定させる3つのポイント

 

テール以上にバランスを取るのが難解な、ノーズマニュアルを始めとしたトリック。

 

安定させるには、「適切なスタンス」「手でバランスを取る」以外に、後もう一つ大事な点がありました!

 

90日で圧倒的なスケーターになるスケボー講座の公式サイトはこちらから

 

高難易度360キックフリップのヒット方法と重心比率

 

フラットでも相当ハードルの高い「360キックフリップ」。

 

成功のキーポイントは、ヒットと重心比率にあり。更に、もう一つの大事な点が…。

回転系トリックで絶対にしなければいけない事

 

B/S360オーリー等の、回転が入るトリックが全く上手くいっていない方は、"ある事"を行なっておりません。

 

その"ある事"を行なったら、劇的に回転系トリックのメイク率が上がるのです。

難易度の高いトリックを安全に練習する方法

 

カッコ良いトリック程、ミスした際の危険性が高いもの。

 

セーフティーに難易度の高いトリックをトレーニングするやり方をお伝えしましょう。

 

怪我を負ったらトレーニングも出来なくなってしまいますし、負傷した際の恐怖感から、新たなトリックにチャレンジ出来なくなってしまうのです。

各トリックに最適なスタンス・パターン講座

 

トリック毎にベストなスタンスを、その訳と共に説明。

 

「何故そのスタンスなのか?」が分かったら、知らぬ間にベストなスタンスをマスターする事ができるのです。

1ランク上のドロップインをマスターしてライバルに差をつける

 

コーピングから面に入るドロップイン。

 

かなり余裕そうですけど、プロと素人で大きな差が生じます。

 

アールを会得する為には、2つの点に気をつける必要性が御座います。

 

その大事な点とは?

オーリーtoフェイキーを極めるものはアールを制する

 

アールを使用した高難易度トリックの入り口"オーリーtoフェイキー"。

 

フラットのオーリーと異なる態勢での高さを出すヒットと、失敗を可能な限り減らす為のトレーニング方法をご案内。

フロントサイド360オーリーで回転を止めずにクールに成功させる

 

回転が途中でストップし易いフロントサイド360オーリーをメイクするには、その他のトリックではそれほど使用しない●●●を上手く利用するのが、成功の鍵を左右している。

基礎中の基礎プッシュ。あなたは正しく出来ていますか?

 

スケートボード全部のテクニックのベースとなるプッシュ。

 

手軽そうに見えるプッシュですが、実を言いますとちゃんと大事な点を押さえていないと、他のトリックのメイク率が大きくダウンしてしまう…。

 

貴方様は間違いなく、プッシュが適切に行なえているでしょうか?

ハングが怖いアールでのトリック練習を安全且つ効果的にする

 

ビギナー〜中級者が頻繁に怪我をしてしまうのが、アールでのトリックトレーニング。

 

一回転倒すると怖さでトレーニング行なえなくなってしまう方も…。

 

そんなアールでのトレーニングをセーフティーにして、ついでにメイクまでの効率を大幅にアップさせるトレーニング方法を紹介。

ピボットフェイキーをお洒落にスタイリッシュに決める!

 

スタイルをばっちり入れられるピボットフェイキーの大事な点は、何をおいても"リズム"。

 

リズムをきちんと作って、「●●●⇒△△△」の使用方法を習得したら、ハング率もかなりダウンします。

正しいパンピングを使ったスピードコントロールを身に付ける

 

アールで速度を付ける為に欠かせないパンピング。

 

基礎の基礎ですけど、ややこしいアールにおいてのトリックの成功率を上げるには、 "適切なパンピング"が不可欠。

 

いい加減にパンピングを行なっていないでしょうか?

練習でけがをした経験のある人必見!最もリスクのない止まり方

 

怪我をしないでスケボーをエンジョイする為には、間違いなくセーフティーな止まり方を習得する必要性が御座います。

 

トレーニングで負傷した経験のある方。ストリートで危険なシーンに遭った事がある方。

 

絶対に、こちらの「一番危険が無い止まり方」を習得し、リスクの少ないスケボーライフを。

 

プロになる前に、ケガでスケボーが行なえなくなった際、心の底からスケボーが好きなんだという事を、再認識したのです。

 

そこからどうにか復活しましたが、周囲ではスケボーから離れて行く方が、たくさんおりました。

 

「どうしてスケボーやんねぇんだよ!!」

 

スケボーから離れて行く理由は色々ありますが、その理由の殆どが「誤ったトレーニング方法」であった事に気が付きました。

 

誤ったトレーニング方法で行なっているから、

 

今のままトレーニングしていて、上達するのかなと心配する

 

行なえていた筈のトリックが行なえなくなって苛立つ

 

不得意なトリックが何年続けても行なえない

 

上達しないのでスケボーが嫌いになって来る

 

スケボー仲間から置いてけぼりにされているような感じがする

 

こういったスケーターを、この世の中から一人残らず消し去りたい!と、真剣に考えているのです。

 

あのトリックを決めた際の快感。仲間と共にトレーニングをする素晴らしさ。スピードに乗っている際の心地良さ。

 

スケボーと言う最高のスポーツを、一人でもたくさんの方に理解して頂きたいと思っております。

 

ハッキリ言って、オンライン動画講座を作り上げて、どれ程スケボー上達で苦しんでいる方のお力になれるのか心配もあったのですが、良い感想を頂けて、現在では心の底からこちらの講座を作成して良かったと感じております。

 

90日で圧倒的なスケーターになるスケボー講座の公式サイトはこちらから

 

 

90日で圧倒的なスケーターになるスケボー講座の良くある質問について

 

一つのトリックに何分ほど解説しているのでしょうか?

映像の長さは、割かし簡単な内容であったり、 他との重複がある様な短いものが2分程度になっています。

 

他のトリックにも関連性の高い大事なテクニックや、 難易度が高く多角的な解説を必要とするトリックですと、 長いものですと10分程度の物がございます。

これで間違いなくスケートボードは上手くなりますか?

ここまで見て貰った様に、スケートボード上達は「秘訣を把握しているか」と言う事が大きな要因になります。

 

全く初めての状態から一人で行うのは限界があって、誤った覚え方や、 よかれと思って行なった事ですら、結果として回り道になってしまっているケースもあるのです。

 

近くにスクールが無かったとしても、教えて貰える環境が無い方であっても、 家でもプロからのスケートボード講座を受けられる様に、本編トリックマニュアル、 特別特典を魂をこめて作らせて貰いました。

 

日本チャンピオン浦友和から直に教えてもらう事によって、一人で苦しんでいた時間もモヤモヤも晴れ、 ちゃんとトレーニングしたら、問題なく習得可能な講座内容にしてあります。

私にもこちらのマニュアルは合いますか?

プロスケーター浦友和がここまで来た中で育んできたスケートボードテクニックを 全部提供したマニュアルであって、 トリックのスタンス・その他詳細な秘訣のレクチャーは勿論の事 心構えの部分までも教えているマニュアルとなります。

 

人によって「合う」「合わない」というものでは御座いません。

 

こちらのマニュアルを生かすも生かさぬもあなたに掛かっています。

 

大事な事は、貴方様の少しばかりの努力だけなのです。

 

しかしながら、アッという間にトリックが行なえる様になりたいですとか、楽なやり方が知りたいと言う人はお控え頂きたいと思います。

 

スケートボードに情熱があって、絶対に上達したいと言う人へのマニュアルとなります。

浦さんのマニュアルを拝見してみたいのですが、他のレッスンDVD等とどのように違うのでしょうか?

マニュアルに関心を持って頂き、ありがとうの気持ちでいっぱいです。

 

こちらのマニュアルと、他のレッスンDVDとの違う部分ですが、大きく2つございます。

 

一つは、比較にならないほど高いテクニックを持っている事です。

 

同じ様に指導を受けるのであれば、できる限り高いテクニックを持った方に教えて頂いた方が上達がスピーディーなのは、スケボーだけじゃなく、いかなるスポーツにおいても変わりません。

 

もう一つは、普段からたくさんの方に教えている、教えるプロだという言う事です。

 

大半のスポーツは、頭で考えるだけではなく、体が憶えている「感覚」でプレイするのです。

 

「●●な感じで行なったら上手くいく」そういう風におっしゃるプレイヤーが、大半なのです。

 

間違いなく役に立つレッスンには、 感覚的にマスターしている部分を「言語化」しなければなりません。

 

無料サンプル映像をご覧いただくと理解出来るのですが、 「感覚」をちゃんと言語化して、スケボー上達のポイントをご説明してあります。

全くの素人なのですが、どの位の期間で上手く滑れる様になれるのでしょうか?

どれ位上手くなるかは、その方によって異なるのですが、 大体の目安として、 こちらのマニュアルできちんと予習を行なって、少なくても1週間に一回1〜2時間トレーニングを行なうのを、 一ヶ月間継続してみて頂きたいと思います。

 

そうしたら、間違いなく自分が上手くなっている事を感じるのではないでしょうか。

 

 

90日で圧倒的なスケーターになるスケボー講座実践者様の声をご紹介します!

 

Youtubeには見られないきめ細かな説明に感動!

 

経験年数は7年なんですが、全然ビギナーですね。

 

スケボーを開始したのが中学生の時なのですが、もう少しでオーリーが行なえる程のレベルになれました。

 

けれどもその後、受験だとか部活だとかで多忙で、1ヶ月に数回滑るくらいで、全く上手くならないまま長い年月が経過してしまったのです(笑)。

 

しかし近頃また本格的なトレーニングを再開しており、「今以上にイケてるトリックが決めたい!」

 

そう考えて購入を決断致しました。

 

これまでトリックを覚えると言うと、Youtubeなんかで映像を確認しながら、見よう見まねでトレーニングしておりました。

 

しかし少しレベルが高いトリックになってしまうと、Youtubeの映像では良くわからん・・というのが悩みだったのです。

 

そんな時に浦さんのこちらの講座の存在を知って、「これだったら、難解なトリックの手法も理解できるかも!」と考えたのが購入のきっかけになります。

 

実際、これまで目にして来たスケボーの映像は、トリックを行なっているだけの映像だけしかありませんでしたから、解説付きのHow to映像は初めてで大いに新鮮でありました!

 

浦友和さんのノリが良く、また、異なるスケーターに登場して頂いたりと、飽きることなく視聴出来る内容だと思います。

 

解説も理解し易く、重要ポイントはきちんと指導してくれるからかなり良かったです。

 

特に難解なトリックの解説が素晴らしくて、「ボードがどんな感じに回転しているのか。」と言った事を、ボードを手に持ってご説明してもらえたり、「どのようにしてヒットするとベストなのか。」と言った、映像だけでは理解しづらい感覚的な部分の説明をしっかり行なってくれるのが感動させられました!

 

今後はオーリーを一段と極める事は勿論、様々なトリックにチャレンジしていきます。頑張って行きます!

 

 

90日で圧倒的なスケーターになるスケボー講座販売者からのメッセージ

 

私は飽き症で何も続かなかったのだが、スケートが続いているのは、周囲に刺激し合える仲間がいたからだと思います。

 

スケートボードから勉強出来る事が多くあって、社会に出て働いて勉強出来る事とは異なり、様々なイケてる心構えが吸収出来ますし。

 

何にも増して病み付きになってしまいましたね。 なぜかっていうと・・・ 出来て来るとかなりどっぷりはまる要素があったからなのです。

 

奥行きという部分においては、これだけ奥のスポーツというのは巡り合った事がありませんでした。

 

そういう衝撃を強く受けたのです。ですので、ケガを負っても、ちょっとやそっとじゃくじけませんでしたね。

 

「メイク出来た際は、やっぱり気持ちいいから本当に。」

 

ですので、皆さんにもそこにその病み付きになるまで努力してもらいたい。

 

スケートボードって、例をあげると、プッシュが行なえる様になってもオーリーが壁になってしまって、フリップとかまわしのトリックになってもそこにたくさんやっつけられそうな壁が存在する。

 

しかし、それをクリアすると「こんなにヤバかったのこの先!」と言うような所に連れて行ってくれるんですよね。

 

ほら、「継続は何とか」と言うでしょ。

 

それと一緒で、継続していったら形になってくるし、気づいた時には行なえる様になっていると言うのがありますし。

 

そういう所まで、壁を乗り越えて、自分自身のトリックを充実させて行ったら、確実に病みつきなりますね。

 

それまでの我慢。 我慢と言いますかエンジョイして行なうのがベスト!

 

それさえもストイックな部分もエンジョイするという。

 

そういった心構えが求められるかも知れない?

 

取り敢えず、スケートボードをエンジョイする事!

 

エンジョイしている延長に間違いなく目的意識の様なものが出来たり、簡単に説明すると、これを超えてやるとか、キックフリップを何が何でも覚えてやるとか。

 

何か一つ目標を持つ事によって、そこに向かおうという気持ちに変化していきますから、ちょっとすねをぶつけたりですとか、転んで手首が腫れても、それ位では挫けないで、 少し継続するだけで楽しみが現れてくる奥深い遊びですから、是非とも継続して行ってほしいと思いますね。

 

それでは、続きは"WURA流 SK8 HOW TO"でお会いさせて頂きます。

 

90日で圧倒的なスケーターになるスケボー講座の公式サイトはこちらから